SSブログ

ひざの痛み、関節痛、腰痛に良いサプリメントと症状チェックリスト [健康]

ひざや関節に良い栄養素:グルコサミン

グルコサミンは、

グルコースにアミノ基が結合したアミノ糖の一種であり、

軟骨の構成成分であります。





グルコサミンの製品の多くが、

コンドロイチンと一緒に含まれており、

ムコ多糖類の構成成分となっています。







変形性関節症や関節炎などの症状に効果的と言われています。







 



グルコサミンはコンドロイチンと一緒に使用されることが多く、

日本や欧米などでの研究結果によると関節の炎症などについて、

痛みを和らげる(軽減させる)作用があるとされています。







グルコサミンの効果

グルコサミンの効果として、

障害のある軟骨を修復し再生を促すメカニズムと軟骨を保護する作用があるので、

薬などの医薬品を飲むより、

全然、

身体に優しいのです。







 



また、

グルコサミンに含まれているアミノ糖というのは、

糖のたんぱく質で構成されており、

人体に必要な軟骨、

爪、

じん帯、

皮膚などの細胞間や細胞組織を結合させる役割を持つ成分でもあるのです。







アミノ糖は、

年齢を重ねるごとに減少していくのでサプリメントなどで補う必要があるのです。







 



グルコサミンの摂取方法と目安について

グルコサミンの摂取方法としてサプリなどを口から摂取する経口摂取が好ましいとされています。







 



グルコサミン:1日摂取量

1日あたりの目安として、

1000mg~1800mg摂取すると良いとされています。



一般的に短期間での効果は期待できないので継続して摂取することを良いです。







 



グルコサミンのアレルギー、

副作用などの注意について

グルコサミンは、

甲殻類系のアレルギーを持っている人には注意が必要です。







副作用として、

胸やけや下痢、

食欲減退、

胃の不快感などといった胃腸の障害がでることがあります。







そういった症状がでた場合は、

医師に相談して、

グルコサミンの摂取の量を減らすか、

使用することを止めるようにしましょう。







 



甲殻類系のアレルギーがある方には、

ムコ多糖類が含まれている山いもなどがオススメです。







グルコサミンは、

通常の一般的な食材に近い成分をもっているので、

健康障害や副作用などの問題は、

あまりなく、

一般的に販売されているグルコサミンのサプリで十分に補うことができると言えます。



 


 


つづきはコチラ

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。