SSブログ

足がだるいときの解消法、疲労・足の変形・病気などの3つの原因を知り解消しよう [健康]

足がだるいと感じた時の原因別解消法をご紹介


たかがだるさ、されどだるさ。


大病や大怪我でなくとも、日常的に体がつらいというのは気分が暗くなるものです。


 


特に足の場合には、日常生活において必ず使う部位ですから、気持ちの滅入り方もひとしおです。


 


なんとか足のだるさを解消したいものですが、それにはだるさの原因に応じた解消法を実行する必要があります。


 


足がだるいと感じた時の解消法ポイント1:疲労が原因


足がだるいと感じた場合の最も一般的な原因は、疲労です。


簡単に言いますと、下半身の筋肉が疲れていて、


そのため、だるさを感じるようになっているのです。


 


ですから、この場合、足のだるさの解消法としましては、


効果的に疲労をとるということになります。


 


簡単にできて、しかも効果的な疲労回復法としましては、


筋肉を揉むなどしてほぐすというのがおすすめです。


 


しかし、


一口に足の筋肉と言ってもいろいろなものがありますから、


疲れている部位を見極めて、その部位に適したほぐし方をしなくてはなりません。


 


たとえば、脛やふくらはぎがだるくなっている場合には、


足のかかとからつま先にかけての筋肉が疲れている可能性が高いです。


 


くるぶしから下の部分は、本来、湾曲しており、アーチ形になっています。


 


このようにアーチ形をしていることによって強度が増し、


また、歩く時にもバネが効いて歩きやすくなっています。


 


しかし、


足の骨自体がアーチ形をしているわけではなく、


筋肉などに支えられることによって、アーチ形が維持されています。


 


 


 


つづきはコチラ

 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。