SSブログ

インフルエンザにお酒アルコールを飲む、良い悪いまとめ [健康]

インフルエンザにお酒アルコールを飲むことについて


インフルエンザに対して、お酒のアルコールが効くかといえば、


期待通りの結果は得られないと考えられます。


 


確かに、


アルコールはインフルエンザウイルスに有効なので、


消毒用が用いられています。


 


しかし、


お酒に含まれる濃度は消毒に足りませんから、


飲んでも感染を予防したり悪化を防ぐ効果は得にくいです。


 


仮に飲酒で同様の効果を得ようとするなら、


有効とされる70%以上の濃度のお酒を選び飲む必要があります。


 


このような濃度を口にするのは非現実的ですし、


ピンポイントでウイルスを攻撃したり、


良い結果が得られるかは疑問です。


 


また、


低濃度のものを大量に摂取しても、


ウイルスに有効な打撃を与えられるわけではないので要注意です。


 


アルコールを飲むと体が温まるので、


汗を掻いて良くなりそうな感覚になりますが、


それは錯覚なので期待しないようにしましょう。


 


飲んでも良いか否かといった純粋な疑問に対しては、


内臓に負担を掛けにくい少量なら大丈夫だと答えられます。


 


ただし、


薬との相性は良くありませんから、


処方された薬の服用には水かお湯を選ぶのが無難です。


 


 


インフルエンザに感染した時の飲酒は程々にして、


早めに布団に入ったり温かくして眠ることをおすすめします。


 


インフルエンザにお酒アルコール、良い悪いについて


インフルエンザにとって、


お酒のアルコールは可もなく不可もなく、


毒でもなければ薬的な効果にも期待できないです。


 


逆に、


飲み過ぎると内臓に負担が掛かって体が疲れてしまい、


隙を生じてインフルエンザが猛威をふるうようになるでしょう。


 


 


つづきはコチラ

 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。