SSブログ

乾燥かゆみ、ぶつぶつの原因と対策まとめ [健康・肌]

乾燥かゆみの原因と対策について


冬になると湿度が下がり乾燥しやすくなるので、肌の乾燥かゆみが発生しがちです。


 


その原因は水分で、肌から水分が失われ潤いが減ってしまい、表面を守るバリアーが薄くなってしまうからです。


 


結果として傷付きやすくなったり、外部からの刺激でかゆみが引き起こされるわけです。


かゆみは掻くことで収まりますが、爪で肌を傷付けてしまいますから、傷ができて悪循環に陥ります。


 


しかも、無意識の内に掻いてしまうこともあるので、冬の時期は中々症状が収まりにくいものです。


 


対策方法の基本は保湿で、水分が失われやすい入浴後や、お休み前にクリームなどを使用するのが有効です。


 


ムラがあるとそこから水分の蒸発を許しますから、乾燥しやすい部分を中心に、満遍なく塗って肌を守ることが大切です。


 


対策は他にも、余計な傷を増やさないようにゴシゴシ洗いを避けたり、水分を奪うアルコールを含む化粧品は使わない点です。


 


原因を遠ざける対策を行えば、次第に失われる肌の水分量は減って、刺激に弱い状況も落ち着く結果に至ります。


 


どうしても掻くことを止められない場合は、抗ヒスタミンを含む保湿剤に切り替えて、肌のケアを行うようにするのが1つの手です。


食事の偏りや熱いお湯の入浴も良くありませんから、これらも必要に応じて見直しましょう。


 


 


つづきはコチラ

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。